アイテム

ニーモ エアマット

動画にもあるとおり、このニーモのエアマットには
工夫がいっぱい秘められている。

膨らませたときの厚みはなんと8cm。ふっかふかのマットレスだ。
だがその収納サイズのコンパクトなこと。
ショートタイプにいたっては、A4の幅で直径6.5cm、たったの230g。
これでぐっすり眠れるのなら、このくらいの荷物、苦じゃないだろう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pic-step3-06.jpg
「テンサー」は厚さなんと8cmのふかふかマット
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pic-step3-08.jpg
こんなにコンパクトになる

エアマットはコンパクトな反面、膨らませるのが面倒なイメージだったけど、
「そう言うだろうと思って」とばかりに、
ニーモは最初から【膨らませるための道具】をつけてくれた。
パッドポンプに遠くから、ふうっ、と息を吹きかけて
クルクル空気を送り込むこと、2回くらい。
それだけでもうパンパンに膨らんでくれる。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nm-tsi-rm_06_2.jpg
力も肺活量もぜんぜん必要ない、楽々ポンプ

寝た感じも、ばっちり「マットレス」感覚。
ただのクッションパッドを敷いているというよりは、
ベッドに寝ているみたいなリッチな感触だ。
空気を入れる系のエアマットは大抵、ふわんふわんと
ちょっと苦手な、不安定な反発があるものだけど、
ニーモの「テンサー」にはそれがない。
中の仕切りの伸縮性がちょっと独特で、変に伸び縮みしすぎないから
どこに力がかかってもある程度均一な反発力が保たれて
沈みすぎないから跳ね返りも不自然にならないようだ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: nm-tsi-rm_07.jpg
独自構造の隔壁が快適さを生む

深い眠りは明日の元気を支える。
マット選びって、元気で居続けるためにはとっても重要なんだ。
ベッドを選ぶように真剣に、じっくり見比べてニーモに決めた。

ニーモ スリーピングマット テンサー レギュラー マミーはこちらからhttps://namchebazar.co.jp/nm-ts-rm/

ニーモ スリーピングマット テンサー ショート マミーはこちらからhttps://namchebazar.co.jp/nm-ts-sm/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。